タグ別アーカイブ: 永遠のゼロ

百田尚樹著の「永遠の0(ゼロ)」を読んで

「永遠の0(ゼロ)」(百田尚樹著)を読みました。
読み終えて、また映画もみた上で感想をお話したいと思います。

ちょうど今年の夏。
私は毎年終戦を迎えた真夏に、戦争小説を読む「決めごと」を続けています。

いつものように書店に行き、物色をしておりましたが、その時百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」が第十回本屋大賞を受賞され、大々的に宣伝をしていました。 続きを読む 百田尚樹著の「永遠の0(ゼロ)」を読んで